会社案内

・社名 インデックス有限会社

・所在地 東京都世田谷区奥沢4-14-6

・設立 1986年3月

・資本金 300万円

・代表取締役 増田 匡代

・従業員数 3名

・年間売上高 約2億円

・事業内容 医療機器の輸入製造販売

・取扱製品

脊柱計測分析器スパイナルマウス
膝十字靭帯機能計測器ニーラックス3
圧力波治療器ショックマスター
呼吸筋トレーニング器スパイロタイガー
筋酸素飽和度計測器MOXY

・主要取引先

酒井医療株式会社
Gymna Uniphy NV (ベルギー)
Idiag AG (スイス)

主にヨーロッパから、通常とはちょっと視点の異なった商品を輸入。ヨーロッパと日本、双方の心のわかるスタッフが、互いの架け橋となるべく努力しています。

1986年に中周波治療器として日本に初めて輸入されたのが、当社の「ウィモトン」(三相交流中周波治療器11kHz)でした。

1989年には、当社が日本におけるレボックス販売権利取得で、三年後にレボックスが日本で販売開始になりました。

1996年には、当社のフィアクション792が日本で最初のコンビネーション治療器として輸入承認され、低中周波の電気治療と超音波治療を組み合わせたコンビネーション治療を皆様にご紹介しています。

呼吸筋トレーニング器「スパイロタイガー」など、高品質で信頼性の高い製品を取り揃えています。

自転車と車いすを組み合わせたような形の特殊車いす「DUET(デュエット)」も日本に紹介して、いろんな福祉活動をしました。

2015年には、当社が日本で最初の圧力波治療器を販売開始しました。

沿革
業績
1986 日本初の中周波治療器ウィモトン販売開始
1989 日本におけるレボックス販売権利取得
1991 日本初・マイクロアンペア治療器レボックス販売開始
1995 日本初・コンビネーション治療器フィアクション796販売開始
1996 コンビネーション治療器フィアクション792販売開始
1996 超音波治療器フィアクション190を販売開始
日本初・別売の低周波治療器とのコンビネーション可能機器
1997 低周波治療器フィアクション180販売開始
1998 低周波治療器フィアクション160販売開始
1998 携帯型コンビネーション治療器フィアクション・サポータ販売開始
1998 膝十字靭帯機能計測器ニーラックス3販売開始
2000 脊柱形状計測分析器スパイナルマウス販売開始
2000 測定機能付自力運動訓練装置MRシステムシリーズ販売開始
2001 冷却治療器スーパークリオ600販売開始
日本初・別売の低周波治療器とのコンビネーション可能機器
2005 超音波治療器フィアクションU販売開始
2005 [ 改正薬事法施行(PAL) ]
2009 コンビネーション治療器コンビ200販売開始
2014 [ 医薬品医療機器等法施行(PMD Act) ]
2015 日本初・圧力波治療器ショックマスター販売開始
2017 日本初・筋酸素飽和度測定器MOXY販売開始
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Created with KompoZer
Template © Anke Lange
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------